講習会「雷観測および雷対策に向けての最近の技術紹介」報告(2018年6月28日)

 電気設備学会中部支部では、電気設備の雷保護技術に関して、長年いろいろな観点から調査研究を行っております。現在は、昨年から「複合施設での雷被害対策に関する調査研究委員会」を立ち上げ活動を行っています。
 今回は最近の雷観測および雷対策に向けての技術について知識を深め、雷保護対策の工事等に役立てていただこうと、講習会を開催しました。講習会終了後には、ライトパーティーも開催しました。
詳細:こちらをご覧ください

見学会「トーエネック安全創造館」報告(2018年3月12日)

 「株式会社トーエネック」のご協力により、同社の創立70周年を記念して建設された危険体感施設「安全創造館」を見学しました。
 安全意識の高揚と作業災害防止を目的として同社が2017年に開館した安全創造館は、感電・墜落・転落・土砂災害など、現場で起こりうる作業災害を体感できる施設です。また、同施設開館と同時に安全創造館に導入したマイクログリッドシステム(MGS)の研究施設も見学しました。MGSは再生エネルギーを含めた電力・熱の安定供給を可能とする技術であり、BCP対応やCO2削減、コスト削減などを目的として注目されています。見学会では、安全創造館の体感設備を見学するとともに、MGSの研究内容の紹介もありました。
詳細:こちらをご覧ください

安全創造館の情報はこちらです